どーもー!!テンチョーデース!!


もう秋かーとか思ってたらいやいや雪降ってますやん!!!(一部地域では)

冬ですよ冬!!
そんな今日この頃、いかがお過ごしですか?

今日は【PPネタ】番外編!!てゆーかKTMパワーパーツでもないお話です笑

【Aragosta】
四輪などでは有名ですが、 アラゴスタはオランダ・トラクティブ社のダンパーと日本製のスプリングを組み合わせた日本発のサスペンションメーカーなんです。

んでそことKTM車専用のサスペンションリリースしようぜ!って共同開発したのが
実はわがKTM名古屋とKTM東京東なんです!!!
こちらもチェック↓↓
http://www.bikebros.co.jp/vb/sports/sfeat/aragosta_ktm/

で!今回当店神7のお一人、T様が1WEYタイプをご購入していただきましたので、早速インプレッションしちゃいましょう!!って訳です!!

DSCF4070
こヤツが例の【Aragosta】。1WEYタイプ。
お値段¥113,400-
リザーバータンクのないベーシックタイプながら調整範囲はけっこうあります。
1 スプリングプリロード調整
2 伸び側減衰力調整
3 車高調整機能!
DSCF4065
作業自体は慣れてしまえば何のその。ただいろいろ複雑なのでまずは当店へご相談くださいね!
スプリングがオレンジだから車体にもマッチしててかっこいいですねー!
ちなみに純正はこれ ↓
DSCF4068
見た目は明らかに純正に比べてショートストローク。調整の幅も大きいし、これは期待できます

DSCF4066
今回は2017年式390DUKEに搭載しました!!
ではではレッツインプレッション

オーナー様の了解を頂き店長自ら試乗しました!!
感想は。。。。。


リア挙動の安定化
ふわふわ感が消えて挙動が安定。路面うねりを拾ったときもリアの安定感がグッド!


コーナー時のリアのフレがなくなった
ひとたび上下運動が始まるとなかなか収まらなかった印象の純正に対し、コナーの最中でもしっかり
ライディングを維持できる感覚。


安心感と安定感は抜群
純正がどれだけやわらかかったかがよくわかる瞬間。改めて思ったが車体は悪くない!
足が決まるだけで見違える挙動と心の余裕。

総括すると
【純正】
やはりいろいろなシーンに合わせた懐の広さがあり、乗り心地はいい。
ストリートなら十分だがスポーツ走行となると不安が残るやわらかさ。高速走行時の
安定感はいまいち。粘らなくてもいいがもっとダンパーに仕事をしてほしい。
【Aragosta】
伸び側の調整次第で、リアの挙動をしっかり押さえ込める。わだちの多い公道のほうが
その差は歴然。ただやはり少し硬いか。サス自体の安心感と安定感!心の余裕が違う。
コーナー時に姿勢を維持できる点はすばらしい。荷重がかかったときも粘りがあり、
しっかり沈ませた状態で維持できるからコーナーがうまくなったように感じる!
【結論】
これは公道ではわからない!!フラット路面のサーキットで試すべき


あくまでもテンチョーの感想ですからね。体重100キロの熊みたいな野獣で変態で不潔なテンチョーの感想ですからね

しかし足回りでこれだけ変わるとは。。。KTMは奥が深い!!
ますますKTMが好きになっちゃった店長でした


さてKTM名古屋では今回の【Aragosuta】サスペンションの1WEYを常に在庫しております。
他にも別体リザーバータンク&調整機能が強化された3WEYタイプもストックしております!!


KTMの性能をフルで引き出したいアナタ
まずはKTM名古屋へお問合せください!!!


そんじゃまたね!
READY>TO>RACE!